Return to site

上海のVR体験施設に行ってきたメモ #上海VRの旅

· China,VR

今月は中旬にタイ・バンコクのVR体験施設も巡ってきましたが、先日は上海でもVR体験施設に行ってきました。

1つ目は、上海にあるVRゲームセンター"FAMIKU VR ZONE" 。

FAMIKUは、上海に本拠を置くアーケード向けオンラインゲームデベロッパー。このVRアーケードは昨年7月にオープン。上海西部、七宝のショッピングモールの最上階に位置する2,314平米のスペースで、かなり広い!

30種類のゲームをインタラクティブなアーケード機で楽しめます。アームチェアや、シューティングゲーム用のモデルガン、ハンドルが装備された椅子などが置かれていたり、ルームもいくつかありました。

PSVRもある。

左下には誰かが興奮しすぎて蹴りを入れたと思われる穴。

猫を救出するゲームは、外のモニターでクロマキー合成したものが見られるように。

こんなとんでもなさそうな部屋も。

気になったのは、こんな商業施設に入っているのに、日曜だというのに人がほとんど入っていなくて、ちゃんとビジネス成り立っているのかなと。。。

金額は30分50元(800円くらい)、60分80元(1,280円くらい)

2つ目は、"Star Core VR entertainment center"。ここはゲームセンターというよりも本当に体験館という感じ。

GearVRをつけて椅子に座って映像を見るVRシアタールーム。ちょっと映像が長くて疲れた・・・

↑は3人で同時対戦できるシューティングゲームなんですが、なんとコントローラーが壊れているという奇跡w

↑これは動きがひどくて久しぶりにすごいVR酔いした!

↑はゼロレイテンシー的なやつ。コードが邪魔すぎて絡まって動くのに適してない!

こっちはかなりクオリティが微妙だったなーというのが正直なところです😓

これ全部体験して80元(1,280円くらい)

コンテンツの質もそうなんだけど、人が少なくてオペレーションが雑でちゃんと楽しめないのがすごく惜しいな〜と思いました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly